立川で介護職に就きたい方へ フェローホームズからのメッセージ » 介護コラム » 絶対押さえておきたい介護で使われる専門用語13選!

絶対押さえておきたい介護で使われる専門用語13選!

介護職員として事業所に採用されるためには、募集サイドから見た必要な人材像にマッチする人物であることが重要です。採用に当たって必ず通るのが、履歴書をもとに行う面接です。なかでも志望動機は差別化がしにくく、難しいと感じる方も多いのではないでしょうか? 今回は、人事担当者の心をグッと引き寄せる志望動機の書き方を解説します。

介護技術に関する用語

トランスファー

『移乗』(いじょう)とも言います。車椅子からベッド、ベッドから車椅子、車椅子から椅子など、利用者の身体を移動させる介護方法です。介護技術が重要となり、誤った方法で介助をしてしまうと、対象の利用者を傷つけてしまうばかりでなく、介護者も腰などを痛める可能性があります。そのため、しっかりした技術を身につけることが必要です。なお、機械を使用しトランスファーをすることもあります。

支持基底面積

例えば重いものを持ち上げるとき、多くの人は無意識のうちに足を肩幅ぐらいに開くはずです。これを、「支持基底面積を確保する(大きくする)」と表現します。主にトランスファーに関係する概念で、支持基底面積が確保できないと、力を入れる介助をする際に介護者の負担が大きくなります。

陰部洗浄

オムツ交換の際に陰部を洗浄することです。陰部の洗浄は、清潔を保持するだけでなく、尿路感染症を予防する目的もあります。また、臀部に傷がある場合などは、陰部洗浄をすることにより治癒が早くなる場合もあります。

体位変換

寝たきりの利用者の体位を、上向き、左向き、右向きなどに変えることを言います。体位変換をする最大の理由は、圧が身体の特定の部位に長時間かかるのを防ぐことです。長時間同じ部位に圧がかかると、その部分の血流が悪くなり「床ずれ』を発症してしまいます。定期的に体位変換をすることで、床ずれを防ぐことができます。

介護保険に関する用語

ケアプラン(介護サービス計画書)

介護サービスでは、利用者の個々の心身状況に合わせた支援計画が作成されますが、このプランのことを「ケアプラン」と言います。在宅介護にも施設介護にも存在します。

要介護認定

「介護が必要な状態である」という認定のことです。必要な介護の度合いに応じて、要支援1~要介護5までのレベルが存在します。申請は自治体で行い、その後調査等が実施され実際に介護度が決定します。

主治医意見書

要介護度を決定する過程で必要な書類です。様式は全国共通で、主治医が医学的な観点から作成します。この書類をもとに要介護度が決定します。

サービス担当者会議

ケアプランを作成する過程で本人や家族を交えて行なう、専門職同士の話し合いの場です。多くの場合、介護サービス利用者が生活する自宅で実施します。

高齢者が罹患しやすい疾患等の用語

脳梗塞

脳の血管が詰まる病気の総称です。脳梗塞によって生じた麻痺が、介護のきっかけとなる場合が多くあります。

認知症

物忘れから始まり、徘徊、粗暴行為、暴言、妄想、幻聴等の症状を引き起こす疾患です。種類によっては治療により完治する場合もありますが、多くの場合は一度発症すると完治することはありません。

尿路感染症

オムツを使用する寝たきりの方に多い感染症です。オムツをすることにより陰部が長時間汚染され、尿路に細菌が入り込み感染を引き起こします。丁寧な陰部洗浄などで予防できますが、個人差があるため感染しやすい人もいます。

誤嚥(ごえん)性肺炎

食べ物や自分の唾液が食道ではなく器官の方に流れ込み、肺に到着して炎症を起こすことを言います。炎症を起こしてしまうと肺が正常な機能を果たさなくなり、最悪の場合死に至るケースもあります。

褥瘡(じょくそう)

いわゆる床ずれのことで、身体の一部がベッドに長時間接することで血流が悪くなり、その部分が壊死することを言います。酷い場合には病院での切開が必要になります。

介護に使われる専門用語は、医学的なこともかなり関係してきます。それだけ医療と介護は連携が必要だということです。実際の現場ではさらに難しい専門用語もたくさん使われています。自分だけが取り残されないように、しっかり勉強しておきましょう。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>