立川で介護職に就きたい方へ フェローホームズからのメッセージ » 介護コラム » 介護福祉士ってどんな資格?取得方法やメリットは?

介護福祉士ってどんな資格?取得方法やメリットは?

介護の資格はさまざまなものがありますが、そのなかでも最高レベルのものが国家資格の「介護福祉士」です。所有していれば、介護の仕事をしていくうえでは困らないとされるほどの信用があります。こちらでは、介護福祉士の資格について詳しく解説しましょう。

監修:フェローホームズ>

介護福祉士の資格について

介護福祉士の資格の前段階として、「介護職員初任者研修」と「介護福祉士実務者研修」と呼ばれる資格があります。何の知識も経験もない人が、いきなり介護福祉士にチャレンジすることはできません。比較的容易に取得できる介護初任者研修から受講することをおすすめします。

介護福祉士は国家資格なので、資格者証明書には厚生労働大臣の名前で発行されます。この資格があれば介護の知識や技術が保障され、利用者とその家族からも信頼を得られるでしょう。

介護福祉士を保有してできる仕事は、主に施設や病院の介護業務で、デイサービスや訪問介護でも活かすことができます。排泄介助や入浴介助、食事介助、体位変換、移乗介助などの技術的な部分、介護に関連する医療的な知識や、介護の概論などの知識も自分のものとして活動可能です。

介護福祉士の取得方法について

介護福祉士を目指す最短ルートは、高等学校で専門的な教育を受け、卒業すると同時に介護福祉士の試験を受験する資格を得る形です。愛媛県立川之石高等学校を例にした場合、1,800時間をかけて徹底的に学習を行い、実習にも参加することにより最短ルートで資格を取得できます。

あるいは介護の専門分野を勉強しないで高等学校を卒業したあと、介護福祉の専門学校や大学に進学して受験資格を得る方も少なくありません。

介護福祉士を取得するメリット

介護福祉士の資格を取得することには、以下3つのメリットが期待できます。

社会的価値が高い

冒頭でも触れましたが、介護福祉士は国家資格であり社会的認知度も高く、介護の仕事をするうえではかなり価値が高いものです。この資格さえあれば、就職に困ることはほとんどないでしょう。就職先での評価はもちろん、利用者本人や家族から信用・信頼を得ることもできます。

給与がアップや手当がつく

社会的価値が高いぶん、給与や賞与に有利です。介護福祉士を持っているだけで、毎月2万円の手当を加算する事業所もあります。役職が与えられると、さらなる給与アップを見込めるでしょう。

ケアマネジャーの資格に挑戦できる

介護福祉士の資格を所持して5年間の実務経験があれば、介護支援専門員(ケアマネジャー)に挑戦可能です。ケアマネジャーになると仕事の範囲が広がり、より専門的かつハイレベルな業務に取り組めるようになります。

まとめ

介護職に従事するのであれば、最終的には介護福祉士を目指すことをおすすめします。給与アップにつながるだけでなく、その後ケアマネジャーに挑戦できるメリットもあるためです。資格取得までの道のりは平坦ではないものの、将来役立つ資格であることに間違いありません。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>