立川で介護職に就きたい方へ フェローホームズからのメッセージ » 介護コラム » 手当ってどれぐらい?介護職員の給料事情について

手当ってどれぐらい?介護職員の給料事情について

介護職員の仕事は、内容に対して給与が安いと言われています。資格取得などの努力次第では上乗せも期待できますが、実際のところどれぐらい受け取れるのでしょうか?気になる夜勤手当の額や、今後介護職の給与が上がる可能性はあるのかも解説します。

監修:フェローホームズ>

介護職員の給料の実態

介護の仕事は、地方の場合で初任給すべての手当を含めて18万前後が平均とされています。手当のなかでも、一番大きく占めるのは「夜勤手当」です。金額には3,500円~8,000円ほどと大きく差がありますが、夜勤手当が高額な事業所では基本給を安く抑えているケースがほとんどでしょう。

夜勤手当以外には、役職手当・資格手当・通勤手当・住居手当などがあります。以下は入職1年目で、大学を卒業と同時に介護福祉士の資格を取得し、月に4回の夜勤を想定した場合の給与です。

【基本給約】

150,000円

【資格手当】

4,000円

【通勤手当】

3,000円

【住居手当】

30,000円

【夜勤手当】

20,000円(1回5,000円)

【合計】

2,070,000円

手取り金額

この金額から保険や税金などを引くと、手取りで18万円前後になります。介護福祉士の資格を取得していなくても介護の仕事はできますが、正規職員として雇用していない事業所が多いのが現状です。夜勤以外の手当がない、臨時職員やパートタイマーなどでしか働けない場合、手取りで13万前後となるケースもあります。

介護職員が少しでもいい給料をもらうための方法

介護職員が少しでも高い給料をもらう方法としては、勉強や資格取得が考えられるでしょう。介護福祉士を取得していれば、介護支援専門員や社会福祉主事任用資格、社会福祉士を目指すことができます。

介護の仕事につきながら社会福祉士を持っていた場合、事業所からすればとても力強い存在になり、そのぶん手当が上乗せされるかもしれません。一般的に、介護福祉士より介護支援専門員や社会福祉士のほうが手当は高額です。

また、夜勤の回数を増やす方法もあります。ただし多くの事業所では公平性を重視するため、一人だけ回数を増やしたいという希望はなかなか実現しないでしょう。しかしどうしても夜勤を望むのであれば、一度交渉してみるのも手です。

今後介護職員の給料はアップするのか

これまでも処遇改善加算という形で、国の施策として介護職員の給料はアップしてきました。この加算のおかげで、1ヶ月3万円以上も上乗せされた事業所もあるようです。それでもほかの職種に比べると依然として給料は安く、人材不足の原因になることからさらなる上乗せを考えています。

厚生労働省によれば、2019年10月の消費税率引き上げに伴い、介護職の給与面での待遇改善が実施される予定です。

まとめ

介護の仕事は、資格の取得や働き方によって平均的な給料よりも高くもらうことも可能です。最近では介護人材不足の解消案として、国を挙げて給料を上げる取り組みが行われています。ただし財源の関係もあり、今の段階では未知数の部分も大きいでしょう。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>