食事介助で食べない場合の対応策は?

食事介助を行う際、「食べてくれない」と悩んだことがある人は多いでしょう。食べ物自体を口に運ぼうとしない人、口には入れるけど飲み込まない(嚥下しない)人など、人によってタイプが異なります。今回の記事では、食べないことの原因として考えられること、またその対応策についても解説します。

監修:フェローホームズ>

食べない場合に考えられる原因とは

食べない原因によって、対応策が異なります。どういったことが原因として考えられるのか、確認しておきましょう。

食欲そのものがない

家族や施設スタッフの知らない間に、すでに何かを食べており、満腹になっていて食欲がないことも考えられます。独居高齢者の場合、食事を作って持って行ってもなかなか食べないと心配していたら、ひとりで間食を食べていたというケースも実際にあります。

認知症が影響している

認知症の症状として、箸の使い方や食べる方法が分からなくなってしまったり、食べられるものと食べられないものの区別ができなくなったりします。口まで食べ物を運ぶ行為を忘れたり、口に入っても飲み込むという行為をしない場合も。また、認知症が進行すると、一人で食事がとれなくなってしまうことも少なくありません。認知症が影響している場合、声かけなど周りのサポートが大切といえます。

心身に問題を抱えている

生命の維持を図る食欲であっても、心身状態が悪いと食べることを意欲的に行うことができません。たとえば、精神的に悩みがあったり認知症の影響で不穏になっていたりすると、いくら介護者が食べるように伝えても受け入れることが難しいでしょう。

身体面では胃の不快感や発熱、吐き気がある場合も食欲が出ない原因として挙げられます。

食事を食べない日が続くとどうなるのか

人間が必要とする栄養は点滴などの医療行為以外では、食べること以外で補給することはできません。食事が十分に食べられないでいると、体重の数字にはっきり現れます。体重が減るだけでなく、見た目が明らかに変化する場合もあります。食事が摂取できなくなると、お茶やジュースなどの水分も摂取できなくなる傾向があります。

点滴を使って投与しても、食事量が減っていってしまうと回復を目指すのは難しく、そのまま終末期を迎えた方もいます。食べない日が続いてきた場合は、できるだけ早めに対応するようにしましょう。

食べない場合の対応策

まず、上で述べた食べない場合に考えられる原因を検討していきます。そのためには、食事の時間を含めた一日のなかでどういった言動をしているのか、確認しておくと対応すべきことが見えてくるかもしれません。

食欲そのものがない場合は、食事前の間食の状況を把握します。時には、バランスの良い食事を食べてもらう理由で、間食を我慢してもらう必要もあるでしょう。認知症が影響している場合は、食事介助という方法が第一条件となる場合多いです。介助者が一緒に食事をとったり、「温かい味噌汁ですよ」など食べ物を説明してあげるといった声かけをするのも良いでしょう。

口に運んでも嚥下をしない場合は、食べ物の大きさや固さを食べやすいように調整する、口腔体操などで口の中を刺激するような方法もあります。家族や周りの人だけでの介助が難しい場合は、かかりつけの医師に相談してみてください。

まとめ

食事をとらないことは、何か必ず原因があります。何が原因を理解し、対応することで多くの場合は改善につながります。点滴のほかにも胃ろうなど管を使って栄養を摂取することも可能です。食事は命に直接的に影響を与える行為になるので、介助をする家族もある程度知識が必要となるでしょう。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>