40代からでも可能?介護士への転職

気が付けばもう40代に突入。転職しようと思っても30代のように受け入れてくれる企業が少なくて悩んでいる、という人がいるかもしれませんが、そんなあなたにおすすめしたいのが介護士です。公益財団法人介護労働安定センターの調査によると、介護士の3人に2人が、人手が足りないと感じていると答えています。そこで今回は、40代から始める介護士への転職について紹介していきます。

監修:フェローホームズ>

40代の人が介護士に転職するメリット

自由なスタイルで働きやすい

色々な働き方に合わせることができるのが介護士の魅力。例えば、子育てをしながら働く人は、正社員でありながら夜勤なしで時短勤務という老人ホームも珍しくありません。また、子どもが18歳になるまで、毎月、子ども手当てが支給される施設もあります。

将来性がある

冒頭部分で紹介したように、現在でさえ人手不足といわれる介護士ですが、今後もさらに高齢化が進んでいきます。そのため、介護士は確実にニーズのある職業だと言えるでしょう。

また、介護士のほとんどが40代や50代という福祉施設がたくさんあります。このような施設では、将来的に幹部や管理者として活躍してもらう40代のスタッフを積極的に採用したいという考え方も。ですので、未経験のまま40代で転職したとしても、現場で経験を積んだ後、幹部や管理者として働くことも十分、可能です。

自分の親の介護に活かすことができる

自身が40代になるということは、その親はいつ介護が必要な事態に直面してもおかしくない世代となります。転職を考える人の中には、自分の親を介護する中で、介護士に興味を持ったという人や、親を介護しなければならなくなり介護と両立することができる仕事を探しているケースも多く見受けられます。仕事を通じて学んだ介護の知識や技術を親の介護に活かしたり、逆に親の介護をする中で得た体験を介護士の仕事で役立てることが可能です。

介護士としてのキャリアプラン

まずは3年間の実務経験を行う

最初の3年間は、介護の入門的な資格として知られる「介護職員初任者研修」を取得するなど、スキルを磨いたり、知識を得たりする時期となります。3年間の実務を経て、実務者研修を修了すると、介護のみの資格では唯一の国家資格「介護福祉士」の受験資格が得られます。

選べる将来の職種

介護福祉士の資格を取れば、その後の働き方も大きく変化。そのまま、介護職員としてスキルを磨くこともできますし、在宅介護に興味がある人は訪問介護にシフトすることもできます。また、利用者をケアするプランを作成するケアマネージャーや生活相談員になれば、知的労働が増えるため、体力が衰えても仕事を長く続けることが可能です。

まとめ

一般的には不利だとされる40代からの転職でも、介護の世界であれば、比較的、転職しやすくなっています。もちろん、1から仕事を覚えなければならないため、大変ですが、親の面倒を見る時に役立ったり、長く続けることができる仕事です。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>