介護施設を選ぶ際は施設見学を行おう

自分で身の周りの世話をするのが大変になった高齢者や、自分たちで親の面倒を見ることが難しくなってきた子どもたちが老人ホームなどの介護施設を選ぶポイントを紹介していきます。結論から言うと、最も重要なのは、実際にその施設を見学すること。では、なぜ見学することが必要なのかを解説してきましょう。

監修:フェローホームズ>

見学が必要な理由

介護施設では、入所をしてもらうために施設を紹介するパンフレットなどを作成していますが、それだけでは得られない情報を確認するために見学は必要です。建物の様子やスタッフの働きぶりなど、施設全体の雰囲気を掴むことができるため、事前の見学は必須だといえます。

見学時にチェックしたいポイント

では、見学に訪れた際、どのような点を確認すればよいかというのを紹介していきます。

建物について

まず専用の居室ですが、トイレや洗面台、緊急通報装置などの付帯設備が使いやすいかどうかが重要となります。日当たりや部屋から見える眺めについては良いに越したことはありませんが、共有スペースなどで生活することも多く、そこまで気にすることはないかもしれません。

共有スペースは、意外と長い時間いることが多い場所。居心地や使い心地が良いかを確認しましょう。このエリアに自然と人が集まるようだと、良いスペースだと判断できるし、入居者同士が交流を持ちやすくなるので重要なチェック項目となります。

スタッフについて

施設を見学に訪れる際、対応してくれるのは、入居相談員のケースがほとんど。この入居相談員の対応がよいかどうかは基本中の基本です。自分たちに上手く対応できない人が入居者に上手く接することができるはずがありません。対応してくれるスタッフはもちろん、見学中に見かける他のスタッフの様子もしっかりと確認しておきましょう。

また、施設を代表するホーム長から必ず話を聞くようにして下さい。施設運営やスタッフ教育などに対する考え方が重要で、最終的にホームを決定する時の判断材料となるからです。

医療機関の連携体制について

施設の協力医療機関となっている病院と診療科目や場所、協力してもらえる内容のチェックは必須。また、救急搬送された場合の近隣病院との協力体制が取れているかも確認しておきましょう。さらに、訪問診療の頻度や定期健康診断の頻度などの健康管理体制も重要。看護師が常駐している時間や看護師がいない時の緊急時の対応がどうなっているかも確認する必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?介護施設に入居する前には色々なことをチェックしておかなければなりません。入居してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しても遅いからです。全てにおいて完璧な施設ばかりではないかもしれませんが、優先順位を決めて、介護施設を選ぶようにしましょう。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>