今話題のノーリフティングケアとは?

ノーリフティングケアは、介護人材不足が社会問題となっているなかで介護する人の負担をなるべく軽減させる方法として現場で普及しつつあります。ノーリフティングケアとはどのような方法なのでしょうか。

監修:フェローホームズ>

ノーリフティングケアとは

もともとはオーストラリア看護連盟が看護師の腰痛予防対策のために提言したのが始まりでした。その歴史は実は古く、1998年ころから取り組まれていた方法です。

危険や苦痛といった介護のイメージを払拭できるノーリフティングケアは、人の力だけに頼る移乗を辞めて、福祉用具を最大限に活用し、介護者に安心と安全を提供できる技術です。

導入までの流れ

介護施設でノーリフティングケアを導入するまでの主な流れをご紹介していきます。

①ノーリフティングケアの概要について学ぶ

施設内での研修を実施します。

②現状の把握と腰痛発生リスクの発見

「どのような場面で腰痛を感じているのか」「介護環境を改善すべきポイントはどこなのか」を施設全体でアセスメントして、優先順位をつけていきます。

③「②」をもとにノーリフティングケアの実践方法を学ぶ

チーム分けして現場に浸透できるように取り組んでいきます。 その際に、リーダーを配置して役割分担を持たせることも大切です。

④実践

学んだことを実際に現場で実践します。 単に実践するだけでなく、課題やスタッフのレベルの統一などにも気を配りながら行います。

⑤見直しや反省

実践を振り返って更に質の高いノーリフティングケアを目指します。

事例報告

特別養護老人ホーム あざみの里 (高知県)

平成25年から利用者・職員の負担を軽減するためにノーリフティングケアを導入しました。推進チームは、看護師や介護職員といった各専門家から構成されています。

また、福祉機器の導入以外にも教育体制も整備。出勤職員全員が扱えるように取り組みを行っています。

引用元:https://hata-dialife.jp/residents/no-lifting

特別養護老人ホーム フラワー園 (愛知県)

リスクマネジメント観点から、腰痛予防対策を推進し、職員が長く働ける労働環境を作る環境を目指しています。ノーリフティングケアを推進する委員会を立ち上げて、施設内・外の研修を基礎から応用までの知識・技術を習得し、実践へと繋げました。

施設内独自のレベル認定制度を導入し、初級から特級までの4段階に分けて、認定証を職員に発行する取り組みも特徴です。

引用元:http://www.roushikyo.or.jp/cms/contents/seminar/201901/pdf/2/1-5-3.pdf

まとめ

ノーリフティングケアは持ち上げない、抱え込まない方法で介護スタッフの職業病ともいえる腰痛を軽減させることができ、離職率の低下が期待できます。導入するにはいくつかのステップを踏む必要がありますが、実践すればそれだけの効果も期待できるでしょう。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>