立川で介護職に就きたい方へ フェローホームズからのメッセージ » 介護コラム » 介護用電動車いすの選び方を伝授!種類や特徴は?

介護用電動車いすの選び方を伝授!種類や特徴は?

電動車いすと聞いてもあまりイメージがわかないかもしれませんが、いざ必要になった場合にはどうすればよいのでしょうか。ここでは、介護保険制度でレンタルもできる電動車いすのメリットとデメリットとともに選び方の基準についても解説します。

監修:フェローホームズ>

そもそも介護用の電動車いすとは何か

介護用の車いすといえば、後ろから人が押して進むか、自分で駆動させて進むのが一般的です。しかし、電動車いすであれば、モーターを原動力として車輪を動かしてくれます。

また、電動車いすには手元のレバーを使い自らが操作して動かすことができる『自操型』と、介助者の負担を軽減する『介助型』があります。

電動車いすのメリット

最大のメリットは、下肢(腕を含む手)を動かすことができれば、レバー操作によって容易に行きたい場所に移動できることです。家の中にスペースがあれば屋内でも利用可能なのはもちろん、屋外の少し長い距離でも移動することができます。

また、電動車いすの種類によっては、手首が動けば動かせるタイプもあります。例えば、麻痺があり通常の自走型の車いすを動かせない場合には、軽くレバーを操作するだけで動かすことが可能です。

電動車いすのデメリット

電動車いすのデメリットは、思うように操作できず家具や物にぶつかるといった操作ミスが挙げられます。また、屋外では溝に落ちる場合や段差で転倒するリスクもあります。場合によっては線路にタイヤがはまり込んでしまう事故も起きる可能性ゼロではありません。

電動車いすの選び方

ここでは介護保険制度の対象にもなる電動車いすの選び方について解説します。

身体状況に合わせる

例えば、上肢のどの部分を一番有効的に動かすことができるかで選ぶ方法です。麻痺が右か左かによって適切なレバーの位置が異なります。また座位がどの程度保てるかによって座面の角度なども選ばなければなりません。

主な使用場所を検討する

使用場所で選ぶ方法です。自宅内や施設といった室内で利用するのか、もしくは屋外専用として利用することも選択肢として考えられます。

屋外専用であれば、段差に強いタイヤを使用した電動車いすを選ぶ必要があります、屋内で利用する場合は、小回りの利くコンパクトな電動車いすを選ぶとよいでしょう。施設内であればスタッフが扱いやすものを選ぶ必要があるため、よく相談したうえで決めましょう。

大きさを配慮する

車いすの大きさによっては、家具や物にぶつかってしまう可能性もあります。さらに、歩行者などにもぶつかり大きな事故を起こす可能性もあるため、自分で操作できるだけのサイズなのか考える必要があります。

まとめ

電動車いすはあまり身近でないため、どのようなものか分からない人も多いかと思います。 それぞれの種類と特徴を踏まえたうえで、最適な電動車いすを選ぶようにしましょう。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>