フェローホームズ 仲間の家

フェローホームズ仲間の家の特徴とサービス内容、入居条件をまとめています。

フェローホームズ仲間の家の特徴

フェローホームズ仲間の家は、一部屋4人の多床室小グループ化を採用し、各フロアで東、南、西の3つのグループに分かれます。意図的に利用者の数を分けることで、各グループの担当職員が利用者をよく知ることができ、さらに良いケアの計画が立てられ、実施することができます。

入居者本人とその家族、職員と話をする機会がもたれています。家族のつながりを大切にし、その人らしい生活を実現するために、ひとつのチームとなってサポートしていきます。

食事も毎日の楽しみのひとつ

フェローホームズの食事は、毎日、自営のキッチンで作られ、提供されています。下処理した食材と調味料を真空パックに入れて加熱する「真空調理法」を用いることで、調味料の使用量を減らすことができ、素材の味を生かした食事を作ることができます。

塩分7g以下、自然排便を促すための玄米雑炊、免疫力をUPさせるためのヨーグルト、野菜そのものをすり潰した野菜スープなど、ひとりひとりの健康に配慮した食事の提供も可能

また、季節や行事にならったごちそうの日、月に一度の出前の日など、普段とは違う食事を楽しむこともできます。

いつまでも生き生きと生活できることを目指す

浴室はプライバシーに配慮した構造。トイレは、座ってできる人は座って排泄をし、紙おむつは使用せずに綿のパンツを使用するなど、尊厳を守った排泄を目指します。

リハビリは、個別に生活目標を掲げて行うものと、日常生活の中で行うリハビリとの両方からアプローチ。利用者の能力を引き出し、いつまでも生き生きと楽しみがもてる生活が送れるプログラムを提案してくれます。

また、1年を通じて、四季に沿った行事を企画。そのほか、音楽クラブ、寛ぎクラブ、食いしん坊クラブなどのクラブ活動も充実。利用者はもちろん、家族も参加することができます。

フェローホームズ仲間の家の入居条件

入居条件は、要介護3~5。65歳以上。認知症の方や生活保護を受けている方、身元保証人のいない方も相談可能です。

在籍職員は、医師2人、看護職員8人、介護職員41人、機能訓練指導員3人、生活相談員1人、栄養士5人、調理員8人、管理栄養士2人、介護支援専門員1人、事務員7人、その他従業員5人。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。