フェローホームズ 高松の家

フェローホームズ高松の家は、ユニット型個室の介護施設。施設の特徴やサービス内容、入居条件を紹介していきます。

フェローホームズ高松の家の特徴

ユニット型個室のフェローホームズ高松の家。入居者の個を大切にし、長年暮らし慣れ親しんだ自宅に近い住環境を整え、楽しみや生きがいを持って暮らせる家を目指しています。

ここでは、いくつかのユニットを設け、それぞれのユニットをひとつの町内会と捉えています。そのため、入居者は交代で自治会長を務めることも。自治会長は月に一度、入居者とその家族が参加できる行事や誕生日会などについてみんなで考えたり、住みやすい環境づくりの手伝いをしたりします。

入居者は、やりたいことなどの希望をもとにした「日課」を計画し、規則正しいながらもメリハリのある暮らしを実現。

入居者の生活をより良いものにするため、家族は受診に付き添ったり、衣類を購入したり、衣替えなどを手伝い、スタッフとともにサポートしていきます。

地域密着型で、地域に愛される施設を目指して、ボランティア活動の受け入れを実施。家族はもちろん、スタッフ、町内会の協力を得て、さまざまな活動に取り組んでいます。

家庭的な雰囲気を大切にした環境づくり

フェローホームズ高松の家では、それまで使っていた家具や食器を使ったり、家族の写真を飾ることで、環境が変化したことによって起こる不安や混乱を最小限に抑えるなど、個性を重視しながら、精神的に寄り添うケアを提供。家庭的な雰囲気を大切にし、家族とともに「もうひとつの我が家」としての環境づくりを目指します。個室では家族が集い、大切な人たちとの時間を過ごすことができます。

居室の床は畳仕様のフローリング。直接、床に座ることもでき、リビングは木のぬくもりが感じられる「和」を基調とした空間になっています。プライバシーを大切にしており、個別浴槽による1対1の入浴サービスを実施。尊厳あるケアの実践のために、入居者ひとりひとりの意向を大切にしています。

フェローホームズ高松の家の入居条件

入居条件は、要介護3~5。65歳以上。認知症の方、身元保証人のいない方、生活保護を受けている方の相談も可能。

在籍職員は、医師2人、看護職員3人、介護職員12人、機能訓練指導員1人、生活相談員1人。

サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。