サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)とは

自立した人向けのサービス付き高齢者向け住宅。サービス付き高齢者向け住宅とはどのようなものか、費用の目安や入居条件、メリット・デメリットを紹介します。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅とは、「サ高住」「サ付き」などとも呼ばれ、まだ介護の必要がない、元気な高齢者のための施設です。

サービス付高齢者向け住宅では、食事や排泄、入浴などの介助や食事の提供などのサービスはなく、「安否確認サービス」と「生活相談サービス」を受けることができます。

安否確認(見守り)サービスは、施設の職員が、利用者の部屋を定期的に訪問してくれるサービス。異変が起こった時には対応してくれるので、利用者はもちろん家族も安心です。

生活相談サービスは、ケアの専門家が生活の相談に乗ってくれるサービスです。

これ以外にも必要に応じて、緊急時に駆けつけてくれたり、体調不良の際に往診依頼や救急車対応をしてくれたり、災害時の避難サポートをしてくれる「緊急時対応サービス」や、外出時のサポートや買い物の代行、通院時の送迎や部屋の掃除などをしてくれる「生活支援サービス」、施設で食事を用意してくれる「食事提供サービス」などを受けることができます。

サービス付高齢者向け住宅には、「一般型」と「介護型」があり、一般型は自立~軽要介護度の人に適しています。介護型は、介護が必要になった人向けで、建物内に常駐スタッフがいて、介護サービスや生活支援サポートを受けることができます。施設によっては、介護付有料老人ホームと同様のサービスが提供されるので、要介護度が重度になった場合でも対応してもらうことができます。

入居条件

60歳以上。自力で身の回りのことができる人が対象

60歳未満の場合は、40歳以上で要介護認定または要支援認定を受けている人。

同居できる人は、対象者の配偶者(戸籍を入れていなくても可)、60歳以上の親族、要支援・要介護認定を受けている親族、特別な理由で同居の必要があると認められた人です。

費用

初期費用:敷金、礼金、保証金、家賃の前払い分など数十万~数百万円
月額利用料:10~30万円(家賃、光熱費、管理費、介護保険料などを含む)

サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

メリット

  • 要介護度の低い人でも入居しやすく、突然退去を言い渡される心配がない
  • 付き添いがいなくても外出が自由にできるなど生活の自由度が高い
  • 有料老人ホームなどと比べて初期費用が安い
  • 住宅の供給量が多いので選択肢も豊富

デメリット

  • 一般的な賃貸住宅よりも家賃としては高い
  • 有料老人ホームと比べて、とくに夜間の見守り体制が希薄
  • 配置義務がないので看護師が駐在していないところも多い
  • 要介護の状態が重度になると住み続けることが難しくなる
サイト監修:フェローホームズ 森山善弘理事長
イメージ
立川に根付いた介護事業を行うフェローホームズ

私たちフェローホームズは、人々の笑顔に満ちた地域社会を作りたいという理念のもと、介護施設を利用するお客様に満足していただけるサービスを提供しています。働くスタッフには、自分の長所と専門性を発揮して、新しいことに挑戦していける環境が用意されています。やりがいのある職業に興味のある方、一緒に介護の仕事をしてみませんか。

監修者情報はこちら>